ハイジニーナ脱毛でVIOをきれいにする

 

 

実は、脱毛の必要性が高いのに、よく後回しにされている部位があります。

 

「Oライン」と「Iライン」です。

 

Oラインは肛門の周囲をいいます。Iラインは性器に沿った部分です。どちらも、人に見られるような部位ではありません。ですから、ワキ毛のようにマナー上処理しておかないといけないようなものではありません。

 

必要なのは、衛生上の理由からです。Oラインは当然のことながら、こんなところにムダ毛を残しておくと、便がついてしまうこともあるでしょう。Iラインは同様におりものです。

 

また、両方とも汗がたまりやすい部分です。ムダ毛がなくなれば、汚れたり、湿ったりすることが少なくなるでしょう。

 

これらの部分の脱毛が一般的になっていないのは、いくつかの理由がるあるでしょう。ひとつはお客さんの方で、「いくら脱毛施術のためとはいえ、他人にそんなところまで見せたくない」。

 

もうひとつは、サロン側の理由で、とても施術が難しいのです。これらの部位の皮膚は粘膜に近くダメージを与えてしまう可能性があるのです。

 

今でも、このふたつの部位のコース設定をしていないところもあります。

 

が、できるところもどんどん増えてきました。また、このふたつに加えて、股間の前部である「Vライン」をセットにするコース設定もよく見られます。Vラインの場合、水着姿になれば、必ず問題になるところなので、以前から脱毛は当たり前にされてきています。

 

この三つをセットにした場合、「ハイジニーナ脱毛」と呼ぶところもあります。これは「衛生的な」の意味を含めた造語です。

 

ただ、コース設定があっても、難しい部位であることには変わりありません。信頼できるお店を選ぶ必要があるでしょう。