「脱毛の施術を受ける」となると、まず思いつくのは、エステサロンの脱毛コースか、脱毛専門のエステサロンである脱毛エステ(脱毛サロン)でしょう。

 

が、もうひとつ有力な選択肢があります。美容系の医療機関です。カンバンには「○○美容外科」「△△美容皮膚科」「××クリニック」となっているでしょう。

 

両者では採用されている脱毛方法に違いがあります。エステでは光脱毛がほとんどで、一部がニードル脱毛です。医療機関の方はほとんどがレーザー脱毛で、一部にニードル脱毛です。また、光脱毛を併用しているようなところもあります。

 

レーザー脱毛も光脱毛も原理としてはほぼ同じです。皮膚の上から光を当て、そのエネルギーで毛根や毛母細胞を焼いていくのです。

 

違いはといえば使っている光です。レーザー脱毛の場合は、レーザー光です。これは正確に必要な性質の光を作り出すことができます。一方、光脱毛はまずは太陽光線に近い色々な性質のものが混じった光をまず作ります。それをフィルターを通すことで、必要な光だけを皮膚に当てるようになっています。

 

つまり、光脱毛は無駄が多いのです。これを反映して、脱毛効果にも違いがあります。レーザー脱毛はいったん施術が完了すれば、一生ムダ毛が再生しない「永久脱毛」です。一方光脱毛では、可能性としては小さいものの5年10年後にはムダ毛が再生することがあります。

 

これはレーザー脱毛の大きな長所でしょう。ただし、その半面、お肌への負担は大きめで、料金も光脱毛よりは高くなります。