何度も通わないと永久脱毛できないのはなぜ?

エステサロン・脱毛サロンでやってもらう脱毛処理は、少々手間や時間がかかっても、十分に見合うものです。

 

何しろ、その後はもうカミソリも毛抜きも使うことはありません。もうムダ毛のことはまったく忘れていてもいいぐらいなのです。

 

ですが、まったく知らなかった人にしたら、意外なほど施術回数も期間も必要なのは事実です。

 

なぜ、そういったことになるのか、脱毛の仕組みを知れば納得がいくはずです。

 

エステサロン・脱毛サロンで一般的なのは、光脱毛です。IPL脱毛、フラッシュ脱毛、SSC脱毛などの名前を使うところもありますが、仕組みは同じです。

 

光脱毛では、皮膚の外から強力な光を当てます。この光は、色の浅い皮膚の表面はすり抜け、色の濃い毛根や毛母細胞などだけが受け止めるように、波長が調整されています。

 

光のエネルギーで毛根などを発熱させ、発毛機能を止めるのです。

 

このような仕組みですから、毛穴の奥に毛根がないと効果を発揮しません。それも、成長期と呼ばれる活動が盛んなもの限定です。

 

ムダ毛が生えていない休止期や、残ってはいるけれどももう活動していない退行期のものには影響はありません。

 

しかも、1回の光照射では十分な効果を発揮しません。いったんは全部抜け落ちますが、しばらくすると以前よりは幾らか弱々しくなって、再び生えてきます。

 

これを繰り返して、もう弱々しいものさえ生えてこなくなった時が、光脱毛の完了です。

 

こういった状況ですから、どの毛穴の奥の毛根・毛母細胞もまんべんなく、しかも繰り返し光照射を受けるようにしなければいけません。

 

そのまんべんなくするために必要なのが、2か月か3か月の間隔です。このペースで、やって、最も早い人でも6回程度かかります。

 

つまり、期間としては1年ですね。

 

実際にはその1.5倍や2倍の回数と期間がかかっても全くおかしくありません。

 

この回数と期間は、同じ光脱毛の中でも、どんな機種を使うかでも変わってきます。
さらには、その機種と自分の肌質・毛質との相性もあります。

 

また、「ムダ毛が薄い人は早く終わる。濃い人はその逆」というものではありません。

 

ムダ毛が薄いと、毛根も小さく、しっかりと光のエネルギーが受け止められない場合もあります。高熱にしにくいのです。

 

これも機種によって、薄いムダ毛が得意なものと、濃いムダ毛が得意なものがあります。

 

なかなか難しい話ですので、自分で勝手に判断せずに、エステサロン・脱毛エステのカウンセリングに行くことをおすすめします。お肌やムダ毛をチェックし、自分のお店の機種の特徴を考えた上で、だいたいの回数と期間を教えてもらうことができるではずです。