全身脱毛でよくあるトラブルには何がある?

全身脱毛の場合、脱毛範囲が広いだけに、施術回数を増やしたり、1回あたりの施術時間を延ばしたりして対処します。

 

また、料金も高いです。何しろ全身の分ですから。

 

起こるトラブルの種類自体は、両わきだけ、ヒザ下と二の腕だけといった部分脱毛と内容は変わらないのがほとんどです。ですが、そのトラブルがあると、その脱毛範囲の広さだけ、問題が拡大します。

 

部分脱毛以上にトラブルにならないように用心し、トラブルが起きた時はできるだけすぐに対応する必要があります。

 

・料金のトラブル

 

部分脱毛、全身脱毛だけではなく、エステサロン全般で一時期、よく起きたのがこの料金をめぐるトラブルです。

 

「カウンセリングなど事前の話のなかった追加料金がかかる」というのがこの代表です。ひどい時は当初金額の数倍にもなることがありました。

 

追加料金の名目としては、ジェル代・ローション代などもあれば、当然必要なケアまでオプション扱いになっている場合もあります。

 

また、全回数分まとめて金額が決まっているコース制の場合、「もともとその回数では終わらないような設定になっている。ほぼ確実に追加が必要。だがその追加分になると急に金額が跳ね上がる」といったパターンもあります。

 

これら金銭面での悪評があまりにひどく、お客の足も遠のいたので、エステ業界をあげて改善に取り組みました。

 

なので、今はこういったところは少なくなっています。

 

とはいえ、だれでもが知っているような有名店でさえ、ホームページなどには金額を明示せず、お試しコースで来た人に強引な勧誘をかけるようなところが今でも残っています。

 

また、よくあったのが、「コース制で契約したが、途中でやめ、解約した。残り回数がかなり残っていたのに、お金がほとんど返ってこない」といったことも珍しくありませんでした。

 

法律で必ず返さないように決められましたので、この主のトラブルは聞かなくなりました。ですが、それでも心配な人は、コース制ではなく、月払い制(月額制)のところを選ぶようにしましょう。

 

・予約が取れない

 

低料金がセールスポイントの人気店でたまに聞かれるトラブルです。

 

お店の対応できる人数を顧みずに、申し込みを全部受けてしまうようなところがあるのです。

 

「いつ予約の電話を入れても、『その日のその時間帯は、すでに満員です』の返事しか返ってこない」ということになります。

 

もちろん、施術が完了するのが先延ばしになります。お客の側にしたらイライラも募るでしょう。

 

それだけではありません。期間が決められている契約の場合、契約期間内に終わらないようなことにもなりかねません。その場合、原因はお店の側にあるのに、残り回数分のお金が無駄になってしまうことになります。

 

・担当者のスキルが低い・担当者と合わない

 

エステサロン・脱毛サロンで光脱毛が一般的なのは、「操作が簡単。担当者には特別な資格も要らない」も大きな理由です。

 

とはいえ、皮膚やムダ毛の知識は必要です。また、さらに問題になるのが、「このコンディションでは今日の施術はやめたほうがいい」といった判断力や、ヤケドなどのトラブル発生時の対応力です。

 

なのに、ろくな研修もなく、新人を担当者につけるようなところもあります。

 

また、いくら十分なスキルや知識、経験を持った人が担当者になっても、相性が悪いこともありえます。

 

人と人のことですので、何かをきっかけに話が合わなくなったり、逆もあるでしょう。

 

全身脱毛は施術回数も多く期間も長いです。合わない人が担当になると、この間ずっと気分が重くなるでしょう。

 

簡単な解決方法は、はっきりいってありません。

 

なるべく温和に担当者を変えてもらうように頭をひねるしかありません。

 

また、お店によっては担当者を最初から指名できるようにしているところもあります。ただ、この場合、かなりの高級店だったり、追加の料金がかかるのが一般的です。

 

 

以上のトラブルの多くは、実際にそのお店を利用した人たちの体験談をチェックすることで、かなりところ避けることができます。

 

ネット上の口コミ情報などでしっかりと調べるようにしましょう。